「伊藤博文 近代日本を創った男」 著 伊藤之雄

「伊藤博文 近代日本を創った男」  著 伊藤之雄 伊藤博文の印象がかなり変わりましたね。 この本を読む前は伊藤博文と言えば、大日本憲法を作り、日本を憲法政治へといざなった功績がありながらも、どこか如才のない軽い人物だというイメージが正直ありました。 女性関係にだらしなく、初代韓国統監であり、また韓国人である安重根に暗殺されたことから、植民地主義者というイメージも正直強かったです。 ただ伊藤の人生を […]

「欧化と国粋 明治新世代と日本のかたち」 著 ケネス・B・パイル

「欧化と国粋 明治新世代と日本のかたち」  著 ケネス・B・パイル 無茶苦茶読みごたえがある本でした。 なぜ無茶な太平洋戦争が起こったのか、明治時代に起源を発する思想の変遷が克明に描かれているのでこれまで以上にハッキリと明瞭になりましたね。 ていうか、この話の部分を日本の歴史教育の中では一番しっかりとやるべきところではないかと思うし、もっと言えば、この本時代が日本人皆が読むべき本なのではとすら思い […]

「生きづらい明治社会 不安と競争の時代」 著 松沢裕作

「生きづらい明治社会 不安と競争の時代」  著 松沢裕作 歴史の授業ではすっ飛ばされ、人気の幕末と昭和に挟まれて、大抵の場合何となくしか語られない明治時代。 良くも悪くもなく、ただひたすらに文明開化のイメージしかないために、この時代がどんなものであったのかを知っている人は意外に少ないと思います。 本書は、そんな明治時代がどんな時代であったのかを非常にわかりやすく端的に推し得てくれる本です。 簡単に […]

「鹿鳴館 擬西洋化の世界」 著 宮田 仁

「鹿鳴館 擬西洋化の世界」  著 宮田 仁 「鹿鳴館」の名前は歴史を勉強した人なら誰もが聞いたことがあると思います。 三島由紀夫の小説「鹿鳴館」でも有名ですが、ようするに明治時代に作られた、西洋化を図るためと、外国人を迎賓するための施設ですね。 本書では鹿鳴館が建てられるにいたった背景を詳しく説明しているので、改めて鹿鳴館とは何だったのかがとくわかります。 どうしても華やかなダンスをしていた場所と […]

「わが夫 坂本龍馬 おりょう聞書き」 著 一坂太郎

「わが夫 坂本龍馬 おりょう聞書き」  著 一坂太郎 今や幕末の志士の中でもダントツの人気ナンバー1であり、歴史好きじゃない人でも誰もが知っている坂本龍馬。 司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」の影響が多分に強いことは否めなくとも、その人生というか、男っぷりは今も人々との心を惹きつけています。 その中で、龍馬が選んだ妻が本作の主人公である「おりょう」です。 龍馬の生き方が魅力的であると同時に、龍馬の妻と […]

「ウィーンに六段の調―――戸田極子とブラームス」 著 萩谷由喜子

「ウィーンに六段の調―――戸田極子とブラームス」  著 萩谷由喜子 単純に全然知らない歴史だったので面白かったです。 岩倉具視の娘である戸田極子とブラームスが繋がるなんて考えたこともありませんでした。 それにしても岩倉具視の娘として幕末には大変な思いをし、明治維新後は鹿鳴館の華として活躍し、さらには夫の仕事についていった形とはいえ、そこでブラームスの前で箏(琴)を弾いて、日本とオーストリアの音楽に […]

「近代日本と石橋湛山 『東洋経済新報』の人々」 著 松尾尊兊

「近代日本と石橋湛山 『東洋経済新報』の人々」  著 松尾尊兊 石橋湛山のことはもちろん知っていました。 ただ戦前からリベラルな思想を持っていたこと、首相を経験者であることなど知っていることはどれも漠然としたもので、正直詳しく知っていた訳じゃありませんでした。 今回、石橋湛山と彼が政治家になる前に代表を務めていた東洋経済新報の人々の大正デモクラシーから戦中、戦後にまつわる話をこの作品で読んで衝撃を […]

「記者たちの満州事変 日本ジャーナリズムの転換点」 著 池田一之

「記者たちの満州事変 日本ジャーナリズムの転換点」  著 池田一之 日清戦争、日露戦争から始まって太平洋戦争に終わるまで、日本の軍事的な対外進出に対して、日本の主要メディアがこれを批判するどころか後押ししていたのは、有名な話ですね。 特にその転換点だったのが、柳条湖事件に始まる満州事変に対する報道であって、この本ではジャーナリズムがもはや後戻り出来なくなってしまった顛末が克明に語られています。 戦 […]

「眠れない夜は体を脱いで」 著 彩瀬まる

「眠れない夜は体を脱いで」 著 彩瀬まる 「手の画像を見せて」という不思議なネット掲示板にまつわる短編集です。 一つ一つの話がストーリーとして繋がっているわけではありません。 ただテーマとしてはしっかりと繋がっているんですよね。 それは「体」に対する違和感。 正直、個人としてはわたしは自分の体に対して、ここで出て来る主人公たちのように性や体に違和感を強く感じたことはありません。 まったくないという […]

「センチメンタル・リーディング・ダイアリー」 著 @osenti keizo lovinson

「センチメンタル・リーディング・ダイアリー」 著 @osenti keizo lovinson 小説の書評を集めたものなのですが、それぞれに著者の経験によるエピソードが語られています。 読んでいるうちに、これが書評なのか、著者によるエッセイなのか、それともこれこそが小説なのかわからなくなっていく不思議な読み物でした。 作者の飾らない、当事者性がヒシヒシと伝わってきて、ある意味でこれほど食い入るよう […]