CATEGORY

鉛筆画

鉛筆画:真希波・マリ・イラストリアス

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズから登場するキャラクターですね。 「シン・エヴァ」においては、それまで添え物のようなキャラクターだった彼女が、実は非常に重要な人だということがわかりました。 彼女の本心を推察すればするほど、彼女が好きになってしまいましたよ。 ある意味で、レイやアスカからさらに進化した、新しい女性像の到来を予感させる人ですね。

鉛筆画:ブルマと孫悟空

昭和の名作「ドラゴンボール」からブルマと孫悟空です。 初期の画で、コミックスの表紙にもアニメのエンディングにも出ているイラストなので、見たことがある人は多いと思います。 いまだに、根強い人気を誇るドラゴンボールですが、わたしもジャンプの初連載のときから毎週見てました。 結局、一応最後まで読みましたけれど、個人的には、サイヤ人とか出て来るときよりも、初期のボールを集めていたときの方が話としては面白か […]

鉛筆画:眉村道塁と佐倉睦子

「MAJOR 2nd」に出て来る二人のヒロインですね。 アニメのエンディングの画になります。 「MAJOR」は茂野吾郎が主人公だった時は、あまり観ていなかったのですが、たまたま2ndの方をお正月にNHKでやっていたのを観た時に俄然ハマってしまいました。 多様性をテーマにもしているので、本当に今の時代に合っている話だと思います。 アニメはしばらく休止中ですが、次のシーズンが始まるのが今から待ち遠しい […]

鉛筆画:レントンとエウレカ

「交響詩篇エウレカセブン」からレントンとエウレカですね。 メディアミックスが成功した典型例ですが、作品としてももっと評価されていい作品だと思います。 アニメ版もよかったけれど、個人的には漫画版も大好きです。 漫画版の終わり方が、切なくてたまりません。

鉛筆画:ポケットの中の戦争

機動戦士ガンダムの外伝で、OVAで発表された作品ですね。 子どもの視点から戦争を描いた話なんですけれども、こういう話を作れてしまうところがガンダムシリーズのすごいところだと思います。 内容的にかなり好きな作品ですね。 キャラクターデザインは、美樹本晴彦さんですね。 マクロスのキャラデザインもしてます。ガンダムでは、ほかにF91とかもそうですね。 とにかく線が細かいデザインで、アニメーター泣かせの画 […]

鉛筆画:胡蝶しのぶ

日本中で話題をさらった「鬼滅の刃」から胡蝶しのぶです。 何となく気になったキャラクターなんですよね。 何だろう。単純にその後どうなるかを含めて、一貫性を感じます。 背負っているもの、つまり宿命を受け入れた上で、自らを削りながら生きているのが儚く思えるんですよね。 もののあはれというやつなんですかね。 あとは、単純に羽織を纏った姿が立ち姿いいなと思います。 新撰組からのイメージで、鬼滅隊の多くにも羽 […]

鉛筆画:アスカとシンジ

子どもに喜んでもらおうと思ってアニメや漫画の絵を描いているうちに思い出しました。 そうだ。わたしは、子どもの頃、クラスで一番、絵がうまい人間だったのだと……。 受験勉強をしているうちに、絵はたまに趣味でしか描かなくなってしまいましたが、今思えば、こっち方面を極めていたら、また違う人生になっていたんだろうなと思います。 急にもう少し絵がうまくなりたいと思うようになったので、練習で模写で描いたものをち […]